女性の健康

多くの女性がダイエットにますます関心をよせている。

多くの女性が経験しているかのように腕と脚が細い非常に弱い体つきの所有者のための服を頻繁に接してみると、ほんの少しだけ体重が並んで服を買うために店に聞こえたとき、自分が普段同じ種類の服が小さくなる感じがする時は体重を減らさなければならないという圧迫感に苦しめられるようになる。

ところが、このような場合、簡単にできる方法が無条件に市中で回っている様々な簡単なダイエット方法を選択しているのが一般的である。

20歳以上の成人の20.5%がボディマス指数(kg/m2)25以上であり、二重の約半数程度は、ボディマス指数が25から26の間であった。

あるレポートでは、ボディマス指数を女性27.3以上、男27.8以上を過体重と定義しているために、成人女性の8.3%と成人男性の3.6%が過体重であると報告した。

比較する正確なデータはないが、生活様式の急激な欧米化とともに、肥満人口が増加していることは明らかである。

肥満人口の増加とともに、治療への関心が徐々に増加しており、肥満の治療のための個人的、社会的な戦略の策定が切実に必要である。

しかし実際には、このようなボディマス指数などの各種肥満に関連した学界の報告があるにもかかわらず、女性が、通常、自分の体重を減らすか、またはスタイルをよりきれいに作成するためのさまざまな戦略も多様で、また、切実なまでに追求しているのが実情であることを否定することはできない。

このような傾向と環境に直面している現実には、多くの肥満の専門家は、通常、一定のカロリーの食事を作って提示すること以外にあまり差がないのも現実である。

全国の肥満女性を対象に公募をして無料の肥満治療プログラムをした放送局で楽しく飾りながらご紹介していたことがあった。

ところが、この時、多くの人々が意外な結果に戸惑うばならなかった。

その理由は、厳選された600人の女性の数値を調査したところ、他でもない、最も低い体重が100 kgを超えたという事実だった。

もちろん、全国という標本を対象にしたので、これは違いがある。

このような現象は、他の分野でも同様に発生していることを見ることになる。

正しい食事を食べることは実際にはそれほど容易ではない。

なぜなら、周辺の様々な状況がこのような規則的であり、しっかりとした食生活を維持することが難しいからである。

同様に、このような過酷な条件にもかかわらず、原則に立脚した食生活についての話をしたい。

ダイエットのための食事のためのカロリー群は、いくつかの種類に分かれることになる。

例えば、超低カロリーの食事の方法、低カロリーの食事の方法、伝統的な食事方法などに区分される。

ところが、このように分ける基準は、もちろんカロリーの概念が最も重要である。最も少なく食べる方法や低カロリーの食事を除いて、伝統的な食事方法が、ほかならぬ1200 – 1500カロリーの食事に基づいて作成し、守っていくことが標準的な食事とすることができる。

正しい食生活と適度に食べて適度に動くと要約することができるだろう。

このような場合、ダイエット中の伝統的なカロリーを食べて動く場合が該当する。

適切な食事療法の原則

食事療法(ダイエット)の基本原則は食べる量を減らすことです。

1kgの体重(水分ではなく、体脂肪)を減らすためには、7,700 kcalずつ少なく食べるべきである。

つまり、毎日1,000 kcalずつ少なく一週間食べ物を食べた場合、約1Kgの体脂肪が減少されるという意味である。

男性の場合、理想体重の体重1kgあたり30〜35kcal(カロリー)、女性は25〜30kcalを摂取することが原則である。

自分の体重が約60kgの女性の場合、約10kgを取り出すには、所望の重量50kgに合わせて、50 x(25 – 30)kcalである一日1250から1500kcalを食べるとされている。