高齢者の健康

健康を守る上での運動は欠かすことのできない必須の要素とすることができる。

次に、高齢者や運動との関係はどうだろうか?

高齢者にとっての運動は、具体的にどのような影響を与えるかを詳しく見てみましょう。

運動と長寿との関係

高齢者における運動の重要性を強調するためには何よりも運動が寿命に及ぼす影響から検討する必要がありま
す。

実験では、運動をさせたマウスはそうでないラットに比べて平均寿命が延長される効果を示しました。

実際に人を対象にした実験でも、体力増進が死亡率減少に重要な役割を果たしていることが報告されています。

17,000人のハーバード大学卒業生を対象としたハーバード大学の卒業生の研究結果から、1日に3マイルほどジョ
ギングやそれに準ずる中等度の有酸素運動は、健康増進や寿命延長効果があることが報告されました。

しかし、過度の運動量を持っている場合は、むしろ死亡率が高くなり、運動選手と一般人の間の死亡率の差がな
いことが明らか荷物に応じて、健康と長寿のために必要なのは、運動選手のような最高の体力を維持するのでは
なく、適切な運動量による定期的な運動であることが強調されています。

特に、過剰運動が及ぼす弊害は、運動時に消費される酸素の利用の不均衡性のためにもたらされる酸素ガラスラジカルの組織の損傷に起因します。

すなわち、過剰運動時の組織内で生成された酸素のガラスラジカルは、細胞膜の脂質成分を過酸化させたり、細胞
のタンパク質を酸化させて、核内DNAを酸化して8-OHグアニンを作ってしまうなど、細胞のすべての部位で様々な構成成分の構造上の変更はもちろん、結果的には機能的損傷を招き、老化をむしろ促進します。

高齢者や運動効果

高齢化がされていくにつれて、最大有酸素性運動量、スタミナ、骨格筋の量と筋力の低下、柔軟性と俊敏性、ス
ピード、バランス性が大幅に低下はよく知られています。

しかし、これらの変化は、必ずしも老化の過程でもたらされるのではなく、年齢が若い場合でも運動をほとんどしていない人々で同じようにもたらされるため、一次的な老化現象が原因で発生する現象というよりは筋肉の不溶性萎縮的にもたらされるので、適切な運動で予防が可能にします。

高齢者や運動の柔軟性とバランス

高齢者の場合には、活動をせず、主に座ってソイルする場合がほとんどです。

結果的に身体の柔軟性が低下して運動範囲が狭くアジョ生活の多くの支障を受けます。また、立ち上がったり動くときのバランス感覚も、高齢者の場合、大幅に低下し、傷つけやけがの危険が増大します。

高齢者では、これらのバランス感覚の損傷が大腿骨をはじめとする様々な骨折の主な要因となっています。実際には、高齢者を対象にした実験では、ストレッチ運動で、柔軟性を高め、低強度の柔軟な持久力のスポーツでバランス能が有意に向上していることが知られています。

適切な運動は、心肺器官、骨格筋、靭帯、神経系などに影響を与え、高齢者にとって自立生活を営んで様々な怪
我から保護されるようにしてくれて、持久運動の結果として、いくつかの慢性退行性疾患の予防効果がありま
す。

ここで、適切な運動と持久力、筋力、柔軟性と調和感などが似合った運動であると、定期的に繰り返される
プログラムによって推進されます。

運動の病気の予防効果

老化の過程に並行して起こる様々な慢性、変性疾患が運動不足による筋肉の不溶性萎縮と柔軟であることが最近
注目されています。

したがって、運動を通じ、これらの疾患の予防の努力が積極的に推奨されています。

特に、高齢化や運動不足に代表される、腹部肥満症候群が先進文明国だけではなく、わが国でも次第に問題されて糖尿病などのムンミョンビョンの主な要因に挙げられています。

しかし、これらの腹部肥満症候群は、規則的な運動や適切な食事の節制を介して抑制されて予防することができます。